2013年8月28日水曜日

宗谷 #3

Untitled
flexaret6 DELTA3200
2013年7月5日 宗谷艦橋にて



Untitled
flexaret6 DELTA3200

Untitled
flexaret6 DELTA3200


よーそろー
漢字で「宜候」と書き
船を直進させる操舵号令です

現役時代の宗谷は決して順風満帆とはいえなかったけれど
幸運の船と言われています

時は1936年(昭和11年)ソ連より川南工業が発注を受け耐氷型貨物船として竣工するも
第二次世界大戦の情勢に鑑み当初は地領丸として進水しました
やがてその耐氷能力と搭載していたソナーが帝国海軍の目にとまり
補給や測量艦として軍籍入りした際「宗谷」と改名

戦中は南太平洋にも進出し潜水艦の魚雷攻撃を受けるも
不発弾のため大事に至らず
また米軍の攻撃回避中に座礁するも満ち潮を利用して離礁
南太平洋で数々の輸送艦が撃沈されるなか生き残った船

戦後は樺太と小樽を往復し引き揚げ船として活躍
その後は灯台補給船として海上保安庁の巡視船に

1956年(昭和31年)日本は南極観測を行うこととなり
砕氷能力や船運の強さから宗谷に南極観測船として白羽の矢が立つ
6回の南極観測業務を遂行
1978年(昭和53年)10月2日に退役するまでに実に1000人以上の命を救う


奇跡の船として歴史的な船として保存を強く要望する
民間ではなく国で保存できないだろうか??


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント: