2015年6月23日火曜日

日韓国交50年

Untitled
F4 NIKKOR200mm/4 FP4 PLUS(-1)
2015年5月1日 新宿にて


昨日日韓国交50年の節目を迎えた
かつて「韓」と聞くだけで私は忌み嫌っていたものだが…

すべては領土問題と靖国問題と従軍慰安婦問題が起因している
領土問題とは竹島の問題であり
靖国問題は内政干渉であり
従軍慰安婦問題は弱みに付け入るヤクザもんの仕業だし

事実認定は歴史家の先生方にお願いすることとして
これから日韓関係を学ぶ方々にお願いしたいことがある
歴史学はとかく「良い」「悪い」の二元的な考え方に陥りやすいけれど
いろいろな事実をもとに検証してほしい

はたして従軍慰安婦はいたのか?というテーマに対して
まず従軍慰安婦とはなにかを定義付けしてほしい
そもそも「慰安婦」という言葉はあっても
「従軍慰安婦」なる言葉は当時存在していないのだから
また裁判で事実認定をされているケースが8件あるが
どれも従軍慰安婦としての事実認定ではなく
暴行があったという事実認定のみである
それを軍=「悪」に結びつけて
侵略=「悪」とするのはあまりにも論理が飛躍しすぎている

なぜなら当時の国際法では侵略は「悪」ではなかったから
少なくとも非合法的な行為ではなかったし
後の法律によって遡って東京裁判で侵略を「悪」と断罪した

しかもこれもデータの根拠をきちんと確認しなければならないけれど
ウィキペディアによれば
1991年以降東亜日報の「慰安婦」関連の記事が急増している
1980年代までアメリカの「慰安婦」関連の記事が多く
1990年代にその関連記事の掲載数が日本616件に対しアメリカが3件
逆転しているどころかアメリカの総記事数を凌駕している

その背景はなにか…


韓国経済においては韓中関係の発展があり
その裏側には天安門事件があり

なんとも国民の目を外にそらすべき事象があったように思えてならない
国民の目を外にそらすには戦争と仮想敵国の存在がいちばん楽な策であり
われわれ一般大衆はいとも簡単に騙されてしまうのです

それに韓国の方は特に「事大主義」という自国の歴史を今一度学んでください
少なくとも私がおつきあいさせていただいた韓国の方々は
あんなに反日な方々ではなかった


だからこそ
これからの人たちには曇りなき自身の目で
きちんと確認してほしいのです
学校で習った歴史はもはや真実ではないことが多いのですから…
日韓両国とも優等生を量産させる教育環境にあっては致し方ないかもしれません

ガリレイのごとく
常識とされていることに疑いの目を向けることも必要だと思います
資源のない日本がいかに生き残るかは
二元論にとらわれず多角的に考えて行くべきだと思います
少なくとも九州からいちばん近い場所にある隣国なのだから…


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント: