2016年10月5日水曜日

一夜明けて

Untitled
DⅢ SERENAR50mm/1.8 FOMAPAN100
2016年6月9日 小倉にて


坂口のおいちゃんこと
西鉄の名運転手
坂口純二とは私の叔父のことである

花電車の運転手を務め
西鉄のポスターにもなった


私にとっては祖父のような存在
そのおいちゃんが横で寝ている
ただいつもと違うのは
もう笑うこともなく
話をすることもなく
ただただ静かに存在している

「なしするか!!」
とおいちゃんの言葉がもう聞けないのは残念だ


Untitled
DⅢ SERENAR50mm/1.8 FOMAPAN100


でもおもしろいものを遺してくれた
おいちゃんは写真好きで
普段のありとあらゆることをちゃんとカメラに収めていた

アナログゆえの素晴らしさ!!
おいちゃんの見ていた世界がきちんとフィルムで残っている
さっそくスキャンしてみたら…実に素晴らしい

来年おいちゃんの写真をプリントして
共同展というかたちで写真展を開きたかったけれど
いろいろ諸事情あり
まだまだ先になりそうです(汗)


Untitled
DⅢ SERENAR50mm/1.8 FOMAPAN100


途中雨に濡れながら
北九州霊園へ
おいちゃんをよろしく頼みます


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント: